ばいあぐらの歴史と個人輸入

世界的に大手の医療用医薬品製造や販売などを行っているアメリカ米国ファイザー製薬社が1998年1月に世界で初めてアメリカでED(勃起機能の低下などの意味)治療薬として発売された商品名である。
ばいあぐらはもともと狭心症・心臓病薬として開発計画が進んでいましたが、
開発途中のこの薬の主成分となっているクエン酸シルデナフィルという名の成分が心臓の血液増加や血の流れを活発にする。などという効果があるのだが、第一次での臨床実験では狭心症には効果があるという確実な実験結果を確認または得ることができずやむなく中止を決断した。
しかし、実験の被験者達は薬剤の返却を拒否する人がたくさんおり、さらには薬剤を欲しがってる人が多数だった。それはなぜかという原因を調査していくうちに研究者の一人があることに気付いた。
それはこの薬の主成分クエン酸シルデナフィルには勃起不全を解消する。という効果があることを発見しED治療薬としての研究をスタートし始め、この出来事により人類史上初めてとなるED治療薬がここに誕生した。
開発・誕生し、それから4年間の期間ものあいだ勃起不全としての専門治療薬として開発が行われ続けました。

個人輸入サイトの危険性また個人輸入の注意すべき点とは。
個人輸入しているサイトまたは購入サイトから、ばいあぐらを通販した場合の偽物品は約5~6割以上とも言われています。
偽造品関連で今、現在非常に問題となっているのは米国ファイザー製薬製ではない偽物のED治療薬がインターネット通販サイトにてふつうに流通していることです。
偽造品による健康被害の例をいくつか挙げると、低血圧や一時意識障害、または他の薬との食べ合わせが悪く最悪の場合死を招くことさえあります。
また偽造品には不純物が多く混ざっており健康に害する危険性があります。何より正規品に似せるためにとても精巧に作られさまざまな工夫が施されていますので素人による勝手な判断ではなく医師などによる専門家に相談したり近くの医療機関での受診をしていただくのが最適の対策と言われています。

個人輸入は薬機法(旧薬事法)に沿った輸入方法でないと個人輸入自体が違法となってしまいます。
男性が自らに使用する目的で1か月分の量を輸入することは合法ですが。
違法の例としては個人で輸入した薬剤を他人に譲渡したり、販売をしてしまうと薬事法違反となってしまい、3年以下の懲役または300万円以下の罰金に処せられてしまいます。